プロフィールはこちらをクリック。

歯科医院は賢く活用!わずかな料金で、予防歯科という考え方。

こんにちは!

著古 怜杜です( ̄O ̄)ノ

大口開けてのご挨拶。

今回は、歯の健康について。

実は歯科助手として働いてた経験がある、わたくし著古 怜杜。

 

本当に知られていない事実が多くて、よく驚いたものです。

 

説明不足といえば、そうかもしれませんが…。

時間的など様々な事情があるので、全てを歯科医院側の責任とまで言えません。

 

個人的には、出回っている情報も少ないのかなと感じています。

専門書ですら探すのが大変でした。

 (;´Д`)サガシマワッタナァ…

歯について、普段から何かしらの意識をしてますか??

歯を健康に保つためには、毎日のお手入れが大切

 

実は口腔内は、菌も多く繁殖しやすい環境でもあるのです。

・体温で暖かい環境。
・常に湿度も十分に保たれている。
・食べ物のカスなど、残っていればそれが餌となるなど。

菌も繁殖しますし、苔だって生えるんです…∑(゚д゚lll)

一生モノの永久歯が、10代初旬で揃うという現実。

歯の重要性がわからないうちに、人生の8〜9割を使い続ける永久歯が生え揃います。

日本の平均寿命からしても、70〜80年間は毎日使っていく体の一部と言えます。

 

生きていく以上、人間は食べ物を食べ続けなければいけません。

つまり、歯を失うことは死活問題なのです!!

サメなどのように、生え変わったりすればいいのですが、、、

人間はそうはいきません。

 

にも関わらず、軽視している人の多いこと。

とは言え、私も歯科助手の仕事につかなければ、そんなこと問題にすら思いませんでした。

常に晒される、歯のリスクとは。

歯のリスクを考えると、本当に多いことがわかります。

・唾液による、酸に晒される

・口の中に常在している、菌にも晒さる

・1つ1つのパーツが小さく、弱い

・顎の骨と別構成のため、強度が期待できない

・支えが少ない

・隙間などができやすく、ゴミがたまりやすい

・大きく壊れると、基本的に再生されない

まだまだありますが、、、

よく知られている内容を、簡単にあげてもコレだけのリスクがあります。

いかに多いかお分かりのことでしょう(*´ω`*)

予防のポイントは毎日のお手入れ!けれど…

毎日のことなので、めんどくさいと感じている人も多いかと思います。

歯磨きをうまくできていない人が多いのが現状です。

顔なじみのほとんどの方が、何かしらのトラブルを抱えていました。

 

食べかすがそのままにすれば、、、

細菌の温床や虫歯、歯槽膿漏の原因になっていたり

石灰化でさらに固まってしまい、歯石になっているなど。

見えない場所ということもあり、汚れが残っていてもわからないこともあります。

 

電動歯ブラシなど、道具にこだわってる方もいらっしゃるかもしれません。

いくら電動ブラシを使用したところで、ちゃんと汚れに届いていなければ同じことなのです。

隙間の汚れは、歯ブラシが届きにくいから意識しないと取れないんだよね。

 ( ̄~ ̄;) ウーン

スイス生まれのオーラルケア「クラプロックス」
↑メンタリストDAIGOもおすすめ!

難しいところは、「プロにお任せする」!

固まってしまった汚れや、歯ブラシでは届きにくい場所。

どんなに頑張っていても、知らないうちに汚れてしまうことだってあります。

そこで、活用したいのが予防する為の歯科医院!

特殊な器具を使って固まった歯石なども綺麗にしてくれます

ついでに定期検診も行えるので、虫歯などが見つかれば小さいうちに治療も可能。

大きなダメージは修復しない為、メンテナンスと早めの対処が重要!

歯医者に通う人のタイプは、2パターン!

意識的に歯を気にしている方か、トラブルを抱えているか

 

毎日のブラッシングの癖などもわかり、プロに丁寧に指導してもらえるのも魅力ポイントです。

余談ですが、豆知識を1つ。

ちなみに歯科医院に置いてある、このような掃除できる機械ですが、、、

買おうとしたら、数十万〜数百万するものもあります。

 

もちろん維持費・電気代だってかかるわけです。

場所やコストを考えたら、レンタルさせてもらう気持ちで定期検診を受ければ、かなりのコスパが期待できるんです。

歯科器具や維持費って、めっちゃ高い!

 ヽ(TдT)ノビビル

精密機械だったり、消耗品も多いので仕方ないです。

気になる診療代は、月額たったの250円!?

状態にもよりますが、、、

特に大きなトラブルもなく、半年〜1年ぐらいに1度ほど通っているのなら、だいたい1回約2,000〜3,000円程度。

 

12ヶ月で割れば、月額にして数百円程度です。

レントゲンを撮影すれば、大きさにもよりますが、少し上乗せされます。

デンタルレントゲン(小)…200円程度
パノラマレントゲン(大)…1,500円程度

 

しかし上記は保険適用の場合。

かかる時は、歯がしみる、歯茎が疼く・出血する、歯茎が痩せてきたなど、気になることはどんどん相談してください。

 

無症状の場合で検診となると、保険適用外になり6,000円〜1万円程度となります。

 

他の病院でもそうですが、基本的には健康であれば保険の適用はありません

美容目的や検診目的は、健康保険の目的にそぐわない為です。

 

心配の場合は、事前に電話で問い合わせたり、受け付け方に相談してみてください。

病院にもよって違ったりしますので、事前に確認するのが安心です。

歯科医院は決して高額ではないという事実。

しっかり日頃の手入れは、もちろん大事です。

そして異変を感じたら自己判断せず、早めに相談した方が、一生モノの『歯』を長持ちすることができます。

生涯でかかる歯科治療の金額は、随分と減らせると思っています。

自分の歯の健康を保てば、歯科医療費代はかなり抑えれる!

 

『歯』に関しては奥が深く、まだまだ書き足りませんので、また改めて更新していきたいと思っています。

 

入れ歯の煩わしさや、インプラントの実態。

オススメの歯磨き道具など、ご紹介していけたらと思っています。

最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _)m
それでは、また〜!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください